FieldTurf

2017/10/25/ 充填材重量が大きい人工芝フィールドほど高校アメリカンフットボール競技において高い安全性を発揮することが証明される

充填材重量が大きい人工芝フィールドほど高校アメリカンフットボール競技において高い安全性を発揮することが証明される

最新の研究により、人工芝フィールドの充填材の重量が、高校のアメリカンフットボール競技において選手の怪我発生率を低下させるための重要な鍵を握っていることが証明されました。充填材重量9.0ポンド(平方フィート当たり)以上の人工芝システムが、それ以下の人工芝システムと比較して最も安全であることが示されました。この研究結果は、選手の安全性を高める高品質人工芝フィールドを設計する上でも、大きな新発見となりました。

「異なる充填材重量の人工芝システムにおける高校アメリカンフットボールの試合に関連した怪我の発生率、メカニズム、重症度」という題名のこの前向きコホート研究は、「人工芝サーフェイスの充填材重量が減少するにつれ、高校アメリカンフットボールの試合に関連した怪我の発生は、様々なプレーのコンディションにわたり、大幅に増加した」と結論づけています。

同研究は、ペンシルベニア州、モンタナ州、南カリフォルニア州、およびテキサス州の高校アメリカンフットボールの2010年から2014年のシーズン中の試合および優勝決定戦から収集されたデータに焦点を当てました。計52校が参加し、参加校すべてにはフルタイムの米国公認アスレティックトレーナーが配置されていました。

この充填材重量の研究は、米国整形外科スポーツ医学会(AOSSM)の2016年次総会で発表され、第1回スポーツ傷害防止アワード(STOP SPORTS INJURIES AWARD)を受賞しました。この研究は今後も継続されます。主導的研究者はアイダホ州立大学スポーツ科学・体育学科、アメリカスポーツ医学会会員のマイケル・C・メイヤーズ博士です。

この縦断的研究において、最も充填材重量が大きいフィールドは、それより充填材重量が小さい他のフィールドよりも、怪我のカテゴリーの大半において、より優位な成績が示されました。
続きを読む »

カテゴリー:アメリカンフットボール | ニュース

2017/10/25/ 米国整形外科スポーツ医学会『スポーツ傷害防止アワード』受賞研究
高校アメフトの怪我抑制の鍵は人工芝サーフェイスの構成にあると示す

米国整形外科スポーツ医学会『スポーツ傷害防止アワード』受賞研究

人工芝があらゆる競技レベルのサーフェイスに使用される機会がますます増え、サーフェイスが選手の安全性に与える影響を理解するための新たな研究が求められています。米国整形外科スポーツ医学会(AOSSM)の2016年次総会で発表されたある研究が、人工芝サーフェイスの充填材重量が高校アメリカンフットボール選手の怪我発生件数に直接影響を及ぼすことを示しました。

この研究はアイダホ州立大学のマイケル・クリントン・メイヤーズ博士の主導により、高校アメリカンフットボールにおける怪我発生率と充填材の重量を直接比較した初めての研究です。この研究は青少年スポーツの怪我予防に関する先導的研究としてAOSSM第1回スポーツ傷害防止アワード(STOP SPORTS INJURIES AWARD)を受賞しました。この賞は、青少年のスポーツ活動における怪我やオーバーユース損傷(各部位の使い過ぎによる損傷)の予防に対する認知度を高め、変化をもたらすトップレベルの研究を表彰します。

「私たちの研究は、人工芝サーフェイスの充填材の重量が減少すると、高校アメリカンフットボールにおいて試合に関連した怪我の発生が大幅に増加するということを示しました。また、プレーのコンディションが変化しても、その傾向は一貫しているということも分かりました。」とメイヤーズ博士は指摘しています。

同研究では、5シーズン(2010~2014年)にわたり怪我の発生の評価を実施した、米国4州の高校 計52校が対象となりました。各校の充填材システムは珪砂とゴムチップ、またはそのいずれか一方の材料で構成されており、平方フィート当たりのポンド数に応じて4つのカテゴリーに分類されました。そして、充填材重量が平方フィート当たり9.0ポンド以上のシステムの場合は、明らかに怪我の発生数が少ないという結果が示されました。
続きを読む »

カテゴリー:アメリカンフットボール | ニュース

2017/06/28/ フィールドターフが米国アメリカンフットボール・コーチ協会(AFCA)の オフィシャル人工芝に決定

AFCA_NEWS

フィールドターフとAFCA(米国アメリカンフットボール・コーチ協会)が新たなパートナーシップを締結し、2020年までの『AFCAオフィシャル人工芝』として、フィールドターフが選ばれました。

また、フィールドターフは、米国大学アメリカンフットボールのナショナル・チャンピオン・ゲームに合わせて毎年開催される人気イベント、『AFCAテールゲートパーティー』のスポンサーに決定しました。

創設から約100年の歴史を持つAFCAは、高校、大学から、セミプロおよびプロといった様々なレベルで活躍するアメリカンフットボール・コーチたちに、継続的な教育、交流の機会やネットワークを提供することを目的とする米国唯一の組織です。現在、世界で11,000名以上の会員を有し、アメリカンフットボール界の発展、同競技および指導者のレベル向上に大きく貢献してきました。

AFCAのエグゼクティブ・ディレクター、トッド・ベリー氏はフィールドターフとの新たなパートナーシップについて次のようにコメントしました。
「私たちは、世界の人工芝業界をリードするフィールドターフを、AFCAのオフィシャル人工芝としてパートナーに迎えることができ、非常に嬉しく思います。長年の良い関係を通じて、フィールドターフは当協会の意義や、当協会のメンバーが若者たちに与える影響の大きさを認識しています。」

フィールドターフ社の社長、エリック・ダリエールは次のように述べました。
「私たちは、AFCAの長年のサポーターとして携わって参りました。同協会に革新的で高品質なサーフェイスを提供できることを光栄に思います。そしてAFCAと共に、誇りを持ってアメリカンフットボールという素晴らしいスポーツの発展に貢献していきたいと思います。」

アメリカンフットボール界が厚い信頼を寄せるフィールドターフ

フィールドターフは、NFLニューイングランド・ペイトリオッツのホームであるジレット・スタジアム、NFLシアトル・シーホークスのホーム、センチュリー・リンク・フィールド、NFLアトランタ・ファルコンズのホーム、メルセデス・ベンツ・スタジアム、NFLインディアナポリス・コルツのホーム、ルーカス・オイル・スタジアム、NFL デトロイト・ライオンズのホーム、フォード・フィールド、また全米大学体育協会(NCAA)ディビジョンⅠ所属のノートルダム大学、オハイオ州立大学、オレゴン大学、ミシガン大学、テキサス大学、ワシントン大学を初めとする数多くの大学や、米国各地の強豪高校のサーフェイスに採用されています。

カテゴリー:アメリカンフットボール | ニュース

2017/02/17/ 第51回NFLスーパーボウル出場のペイトリオッツとファルコンズ
共通点は最高の実力とフィールドターフとの長い歴史

170216FT

現地時間2月5日、テキサス州ヒューストンで開催された第51回NFLスーパーボウルで激しく勝利を競い合ったニューイングランド・ペイトリオッツとアトランタ・ファルコンズは、ともにフィールドターフとの長い歴史を持つチームです。

両チームとフィールドターフとの関係の始まりは、いずれも2000年台前半に遡ります。

アトランタ・ファルコンズは2000年に本拠地ジョージア・ドームにフィールドターフを敷設し、2011年の張り替えを経て現在まで長く使用しています。また、ファルコンズは今年から新たな本拠地となるメルセデス・ベンツ・スタジアムにも、フィールドターフ最新製品を採用しました。同スタジアムは今年の7月にオープン予定で、2019年の第53回スーパーボウル会場に決定しています。そしてジョージア州フラワリー・ブランチにある同チームのトレーニング施設にも、2005年にフィールドターフが敷設されました。こちらも2016年の張り替えで再びフィールドターフが採用され、現在に至ります。

ニューイングランド・ペイトリオッツとフィールドターフの出会いは、2006年に同チームの屋内練習施設にフィールドターフが導入された時に遡ります。その2年後、ペイトリオッツは本拠地ジレット・スタジアムのサーフェイスに、フィールドターフを採用しました。その後の数回の張り替え時も引き続きフィールドターフが選ばれ、現在も同スタジアムのサーフェイスはフィールドターフです。

選手たちが安全に、日々の練習で技術を磨き、試合で最大の能力を発揮することができるサーフェイスとして、フィールドターフが両チームとともに歩んできた歴史は、両チームの輝かしい活躍の歴史と重なります。その高い耐久性と品質で選手の足元をしっかりと支え、進化するチームのニーズに応え続けることで、フィールドターフはトップチームからの揺るぎ無い信頼を獲得してきました。

現在、NFLでは32チーム中21チームが本拠地あるいは練習施設のサーフェイスとしてフィールドターフを採用しています。

フィールドターフは、アメリカンフットボールの歴史の中で進化を続け、その安全性、プレー性能が高く評価されている、アメリカンフットボールに最も適性のある人工芝サーフェイスです。

カテゴリー:アメリカンフットボール | ニュース

2017/02/14/ アメリカンフットボール界の進化を支えるフィールドターフ

2017年2月14日記事差し替え用

アメリカンフットボールは、時に「格闘技」と例えられるように、その魅力の一つは屈強な選手たちが激しくぶつかり合うダイナミックなプレーです。しかし激しいコンタクトは常に重大な怪我のリスクと隣り合わせです。

グローバルな人気の高まりとともに、アメリカンフットボール界での試合中の重大な怪我とその予防についての意識は年々高まっており、サーフェイスにも高いプレー性能とともに最高レベルの安全性が求められてきました。

フィールドターフは常にその難しいニーズに応え、アメリカンフットボール界とともに進化を続けてきました。

米国では現在、NFLの32チーム中21チームが本拠地あるいは練習施設のサーフェイスとしてフィールドターフを採用しています。先日開催されたNFL第51回スーパーボウルで歴史的な激闘を繰り広げたニューイングランド・ペイトリオッツとアトランタ・ファルコンズも、共にフィールドターフを本拠地と練習施設に敷設し、10年以上に渡り使用しているチームです。

その他、カナダのプロリーグCFL、米国大学リーグ(NCAA)所属チームの他、米国高校のアメリカンフットボールチームの本拠地・練習施設にも広く敷設され、圧倒的なシェアを誇ります。

優れたプレー性能と安全性を追求し続けるフィールドターフはアメリカンフットボール界で最も信頼されているサーフェイスです。

カテゴリー:アメリカンフットボール | ニュース

April, 2018
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« March    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Archives