FieldTurf

フィールドターフとは

今日、スポーツフィールド用人工芝のスタンダードとなりつつあるロングパイル人工芝。
カナダのフィールドターフ社が開発したロングパイル人工芝フィールドターフは、材料・施工・メインテナンスを組み合わせたトータルなシステムにより、限りなく天然芝に近い性能と美しさを備えた人工芝フィールドを実現します。
フィールドターフは、プロユースに求められるハイレベルな製品性能、過酷なプレーや使用に耐えうる高耐久性を備えており、その品質は製造から施工まで一貫した品質管理により維持されています。フィールドターフは、多様な用途に対応する製品を取り揃えています。

フィールドターフの始まりはつつましいものでした。1988年、テニスコート用の人工芝と摩耗やちぎれを最低限に抑えたゴルフ練習ティーエリア用の人工芝でデビューを飾り、スポーツ・サーフェイス界へ参入。
以降サッカー、野球、アメリカンフットボール、ラグビー、ラクロス、その他のスポーツ用人工芝サーフェイスの開発を進めてきました。
フィールドターフの追求したものは、砂とゴムチップの充填材を備えた、優れた安全性と高性能、高耐久性を提供するスポーツフィールドでした。こうしてフィールドターフが初めてフルサイズのサッカーピッチを敷設した1994年、充填材入り人工芝産業も誕生しました。

フィールドターフはロングパイル人工芝のパイオニアなのです。

スポーツ界が選ぶフィールドターフ

フィールドターフ社が開発した充填材入り人工芝は、NFLスーパーボウルやFIFAワールドカップ予選、UEFAチャンピオンズリーグといった世界の名だたる大会で使用された初めての人工芝サーフェイスとなりました。
今日までに10,000以上のフィールド敷設実績を誇り、フィールドターフ社は人工芝スポーツフィールドの世界市場のリーディングカンパニーとして君臨し続けています。高い安全性、長い寿命と優れた性能を備えたフィールドターフは長期にわたって高い価値を生み出す人工芝サーフェイスです。

― 高い品質を生み出す製造体制

人工芝の製造プロセスにおいて、ファイバーの製造、タフティング、そしてコーティングの3つの側面があります。
ここで重要なことは、フィールドターフがこのバリューチェーンの3つの側面を全て自社でコントロールしているという事です。
何一つとして第3者に任せる事はしないのです。これによりフィールドターフのお客様に対し、高い品質を保証します。

ファイバーの製造
フィールドターフのファイバーは、ドイツにある自社工場において製造されます。この最先端のファイバー製造施設を2010年に開設したフィールドターフは、世界トップレベルの垂直統合企業へと進化しました。
この施設での品質コントロール・プロセスには、ヤーンの特性に対する厳密なテスト(引張強度、均質性と色の確認など)が含まれます。

タフティングとコーティング
ファイバーが製造されると、米国ジョージア州カルフーンの46,000平方メートルの規模を誇るフィールドターフの施設でタフティングとコーティングが行われます。
フィールドターフは、3つのISO認証を有し、WCM(World Class Manufacturing)の指針に基づき、厳密な品質コントロールと検査を確実に実施します。


ISO、OHSAS認証取得 ―品質、環境、労働安全衛生管理へのコミットメント


フィールドターフのカルフーン工場は、ISO9001認証、ISO14001認証、OHSAS18001認証を取得し、お客様満足度の向上につながるシステム改善および品質向上に継続的に取り組んでいます。

●ISO9001:2015(品質マネジメントシステム)認証
フィールドターフはISO9001に基づく品質マネジメントシステムを構築・運用し、高品質な人工芝製品をお客様へお届けします。

●ISO14001:2015(環境マネジメントシステム)認証
フィールドターフは環境への影響を重視し、環境マネジメントの改善に取り組んでいます。フィールドターフの製品は厳しい環境基準のもとで製造されています。

●OHSAS18001:2007(労働安全衛生マネジメントシステム)認証

フィールドターフの製造工場は従業員が快適で安全に作業できる体制が構築され、効率性の向上と細部まで注意が行き届いた高い作業品質を実現しています。


― 安心の保証システム

フィールドターフは徹底した品質管理のもと高い耐久性を備えた高品質なフィールドをご提供していますが、
お客様に安心してフィールドターフを選択していただけるよう、業界初の第三者機関による保証制度(*)を導入しています。
(*保証内容は製品・施工条件により異なる場合があります。詳しくはお問い合わせください。)

― 長期にわたり持続する耐久性

徹底した品質管理の下製造されたフィールドターフの人工芝は、フィールドターフ独自の施工手順に基づき敷設されます。高い施工技術を持つ認定スタッフにより丁寧で正確な作業を経て完成したフィールドターフの人工芝フィールドは、高い耐久性と長寿命を誇ります。

世界で4,000以上のフィールドターフ敷設フィールドが、敷設から8年以上経過してもなお継続して使用されている(*)ことが、フィールドターフの優れた耐久性を証明しています。(*2016年時点の集計データに基づく)

品質管理と一貫性
フィールドターフは多くの試験を行っています。業界のQ6品質要件で求められる完全性を満たす人工芝であり、人工芝メーカーです。
Q6品質要件とは次の項目を含みます:①全製造工程を自社で行い管理 ②ヤーン、人工芝カーペット、それぞれ項目ごとに試験を実施 ③充填材の試験実施とグレードの検証 ④認定された敷設スタッフの自社雇用 ⑤第3者機関による保証 ⑥敏速に責任を持って対応するカスタマーサービスの提供

何がフィールドターフを安全なシステムにしているのか?

その答えはシンプルです。フィールドターフは天然芝のように機能するからです。
天然芝フィールドの上では、アスリートたちはカット、プラント、リリース…といった動作を、草の上ではなく土の上で行っています。
人工芝フィールドにおいて、充填材が大地の役割をします。
フィールドターフの充填材は、アスリートたちがカット、プラント、リリースを行う時、生体力学的に天然芝と同等な性能を発揮します。
天然芝のフィールドでプレーする時のように、フィールドターフのフィールドでアスリートたちはファイバー(=芝)の上ではなく、充填材の上でプレーをします。

フィールドターフの充填材システムの総重量は44.08キログラム/平方メートルを上回るものがほとんどです。
これは人工芝業界で重量級の数値です。多くのメーカーは軽い充填材システムを採用しており、最大でも29.27キログラム/平方メートルという軽い充填材システムを採用しているメーカーもあります。

また、フィールドターフは広いステッチゲージを採用しています。
ステッチゲージとは、カーペットに織り込まれた各タフト列の間の幅を示します。
スパイク使用の観点から、ファイバーの織り込まれた列はそれぞれ19ミリメートル離れていることが理想的です。
このフィールドターフの距離設計により、スパイクが充填材に適切に入り込むことが可能となります。これにより、アスリートが天然芝フィールド上と同じように、過度に膝や足首を回転させることなく、プラント、ツイスト、リリースの動作を行うことを可能にします。
その結果、怪我の頻度は大きく減少しました。

通常9.53ミリメートルまたは12.7ミリメートルという、非常に狭いゲージ幅設計を採用しているメーカーもあります。
狭いゲージ幅では芝が過密になり、フィールドターフや天然芝フィールドのようにはスパイクのピンが充填材(土)に入り込まず、好ましい生体力学的な作用が得られません。
アスリートは充填材の上ではなく、ファイバー(芝)の上もしくはファイバーの間でプレーをしていることになります。これによりファイバーの摩耗は早まり、アスリートの足元はしっかりとフィールドを掴むことが難しくなり、滑りやすくなります。
これを私たちは「スケート作用」と呼んでいます。

フィールドターフはアスリートのために、アスリートの手で発明されました。
フィールドターフは、時間をかけて設計・製造を行い、技術を駆使し、他に類を見ない人工芝システムを作り上げ、特許を取得してきました。
十分な重量を持つ充填材と広いゲージ幅設計は、フィールドターフと他製品を分ける二つの大切な発明です。
その成果は、証明された競技者の安全性と比類なき性能が示しています。
フィールドターフの性能は、アスリートが自らのスキルやプレーに能力を発揮することに集中できる人工芝サーフェイスを実現します。

長寿命の人工芝システム実現への鍵

長寿命人工芝システムの5つの鍵は―高耐久性ファイバー、高品質の充填材料、充填層の適切な厚み、バッキング設計、そして強度のある人工芝シートの継ぎ目を実現する技術です。


1. 高耐久性ファイバー
ファイバーは、人工芝製品の耐久性の重要な鍵を握ります。
人工芝の構成要素のうち、比較的長期に渡り敷設当初の性能を維持する充填材と比べるとファイバーは摩耗等の影響を受けやすいため、その耐久性と品質が、製品全体の耐久性に特に大きく影響するのです。
フィールドターフは最先端技術を駆使し、ポリマー(Polymer)、プロセス(Process)、および形状(Geometry)を組み合わせた独自の哲学(PPG哲学)に基づき高い耐久性を備えたファイバーを開発し、徹底した品質管理の下で自社製造しています。
また、ペンシルベニア州立大学や第三者検査機関にて、様々なタイプのファイバーに対する独立した耐久性テストを実施しています。

2.高品質充填材料
グレードの低いゴムチップ材料は、人工芝フィールドの早期摩耗を引き起こします。
フィールドターフの冷凍粉砕ゴムチップは、超低温冷凍粉砕プロセスにより製造される、クリーンで表面の滑らかな極小粒のゴムチップです。この滑らかな形状により、ゴムチップとゴムチップの間の水の流れが一定に保たれるため、ゴムチップが浮いたり、外に流されたりすることがなく、安定した充填構造を実現します。また、充填材のもう一つの重要な構成要素である砂には、適切な性能と長寿命を維持する、理想的な形状と硬さを備えた洗浄済み珪砂が使用されています。

3.充填層の適切な厚み

充填層の厚みはファイバーに適切なプレー性能を与え、長持ちさせる他、天然芝のような外観を与えます。
充填材はアスリートがプレーする上で、カッティング、プランティング、衝撃吸収、そしてエネルギー還元といった機能を提供する源となります。使用されている充填材のタイプに関わらず、充填材量は非常に重要で、多過ぎても、少な過ぎてもいけません。

適切な充填材の厚み:
ファイバーの約3分の2(2/3)の高さの充填が、適切な充填材の量です。ファイバーは充填材にしっかりと支えられ、少ないメインテナンスでフィールドが長持ちし、充填材の移動が最小限に抑えられます。

充填材が多すぎる場合:
充填層が厚すぎると、人工芝フィールドの上で走ったり、ボールが転がったりした跡が残ってしまいます。また深刻な充填材の移動が発生します。

充填材が少なすぎる場合:
充填層の厚みが足りないと、人工芝サーフェイスにしわやよじれが発生し、ファイバーを早期の摩耗や擦り切れから守ることができません。

4.バッキング(シュアロック・コーティングシステム)

人工芝の理想的なバッキング設計には、3つの側面を考慮する必要があります。
タフトバインド強度(パイル引抜強度)、安定性、そして排水性です。
フィールドターフの「シュアロック・コーティングシステム」は、3つの全てのカテゴリーにおいて最大の性能を発揮します。
タフトバインドとは、ヤーンのバッキング材料への結合の強さを示します。 強く耐久性に優れたファイバーとシュアロック・コーティングシステムのコンビネーションにより、フィールドターフは業界最高レベルのタフトバインド強度を実現しました。
各ファイバーは、透水性のポリプロピレン織布および不織布から成る基布に、スパイク使用に最適な列幅である19ミリメートル幅(米国特許取得済み)で織り込まれます。米国特許取得済みフィンガーユニット加工により、コーティングはタフトが織り込まれた列の裏側部分にのみ施され、その他の部分には塗布されません。このため、シュアロック・コーティングシステムは、全面コーティングされたバッキングよりも透水面積が大きく確保され(バッキング全体の40%)、優れた排水性を発揮します。


5. 強度のある継ぎ目を実現する技術
人工芝シート同士の結合には、接着による結合方法と、縫合による結合方法があります。
接着による人工芝シート結合は特別な器具や技術が不要なため、縫合よりも施工が簡単でコストが抑えられるかもしれません。しかし、接着された継ぎ目は時間の経過とともに結合部分の接着剤の剥がれが生じやすく、結果的にフィールドの安定性を大きく損なう恐れがあります。
プレーヤーの安全性を第一に考えるフィールドターフの継ぎ目は、専用器具を用いてダブルロックステッチで縫合されます。この技術によりフィールドターフの人工芝シートはしっかりと結合され、長期にわたり安全で一貫性のあるプレー性能を発揮するフィールドを実現します。

より良い材料

より良い材料がより良いフィールドを作ります。人工芝フィールドを構成する二つの主な材料はファイバーと充填材です。そしてフィールドターフは高品質な材料のみを厳選し使用しています。

ファイバー
何年もの間、人工芝業界ではファイバーの性能と耐久性を決定づけるのはファイバーの形だと信じられてきました。
これは部分的には正しいのですが、ファイバーの性能の真のカギとなるのは、ポリマー(Polymer)、プロセス(Process)、および形状(Geometry)の組み合わせです。これがフィールドターフの「PPG哲学」です。フィールドターフは今日の人工芝市場において業界最高レベルのポリマーとプロセス技術を用いることに費用を惜しみませんでした。

以下は高品質なファイバー製造のための3つのカギです。

ポリマー:
フィールドターフ独自のポリマー処方により、ファイバーの先割れや劣化を防ぎ、業界最高レベルの耐紫外線抑制技術を使用。

プロセス:
自社工場にて、最先端のパイル押出技術と正確な製造プロセスにより、高品質・長寿命ファイバーを実現。

形状:
複雑な凹面とうね状構造により切断点を排除し、天然芝に近いファイバー外観を実現。


充填材
冷凍粉砕ゴムチップは、クリーンで角が精巧に削られた高品質なゴムチップです。
安全性と性能をより向上させるため、フィールドターフの高品質システムには、冷凍粉砕ゴムチップが使用されています。表面が滑らかな極小粒ゴムチップは、リサイクルされたタイヤ片を超低温冷凍した後で粉砕することにより作られます。この滑らかな形状によって、ゴムチップとゴムチップの間の水の流れが一定に保たれるため、ゴムチップが浮いたり、外に流されたりすることなく、砂とゴムチップの充填構造が安定します。その結果、安全性と一貫したプレー性能を実現します。

フィールドターフは、より高価な洗浄済み珪砂を使用しています。この珪砂は適切な性能と長寿命を維持する、理想的な形状と硬さを備えています。フィールドの施工前に、使用する洗浄済み珪砂と冷凍粉砕ゴムチップに対して形状、サイズ、安全性、均一性、そして耐久性のテストが実施されます。

フィールドターフのリサイクル

撒水を必要とせず、芝の病気や害虫の心配がないフィールドターフのフィールドは、天然芝フィールドと比べ、水や農薬・殺虫剤の使用量の大幅な削減により環境への負担を軽減することができます。
地球環境への配慮は、フィールドターフがその長い製品寿命を全うした後も続きます。

フィールドターフの人工芝で使用される材料はリサイクル可能です。張り替えのために撤去されたフィールドターフの人工芝や充填材は、状態に応じて新たなフィールドへの再利用が可能な他、再生加工を経て新しい充填材やバッキング、その他の製品として生まれ変わります。

フィールドターフの人工芝はC2C(Cradle to Cradle®)認証を取得しています。
Cradle to Cradle®とは、循環型経済社会形成のため、従来の製品サイクルから「廃棄」を無くし、持続可能性のあるものづくりを目指すために創設された環境認証です。
フィールドターフの人工芝で使用される全ての材料は、C2C認証の原則に基づき、分析・評価されています。ターケット社の北米およびヨーロッパ部門チームによる人工芝材料のリサイクルについての研究が実施され、既に、張り替え前のフィールドで使用されていた充填材(砂とゴムチップの混合材料)は材料の性能や生態毒性を検査した上で、新規に敷設する人工芝フィールドの材料として再利用が可能となっています。材料の再利用により新規フィールドの敷設コストと張り替えで生じる廃棄物の量を大幅に削減できます。
Cradle to Cradle®認証取得は、リサイクル材料を使用した人工芝の製造および古いフィールドを新たに再利用可能な材料へ生まれ変わらせるフィールドターフの取り組みにおける、一つのステップにすぎません。
ctc