FieldTurf

2014/06/05/ ラグビー欧州チャレンジカップの決勝戦がフィールドターフの人工芝フィールドで開催

名称未設定 1

フィールドターフが歴史にその名を刻みました!これまでラグビーの欧州チャンピオンシップ決勝戦が人工芝フィールドで行われることは決してありませんでした。しかし2014年5月23日金曜日、フィールドターフ最新のレボリューション65 RGFを敷設したカーディフ・アームズ・パークで欧州チャレンジカップ(アムリン・チャレンジカップ)の決勝戦が開催されました。

欧州チャレンジカップ同様、ERC(ヨーロッパ・ラグビー・カップ)により行われるハイネケン・カップの賛同を受け、バース・ラグビーとノーサンプトン・セインツが、最も名誉ある欧州チャンピオンシップの一つで対戦しました。こういったハイレベルな競技を人工芝で行うことが実現するには数年を要しましたが、国際ラグビーボード(IRB)に代わり、フィールドテストを行う世界規模の運営団体が認定する複数のテストに合格した性能と安全性が、ついに主催者とプロプレーヤーに受け入れられました。

IRBテクニカル・サービスのトップを務めるスティーブ・グリフィス氏は「この現代において、フィールドターフの様なIRB推奨人工芝プロデューサーで、経験を積み信頼性の高いメーカーが製造した第三世代の人工芝の品質であれば、どんな天候でも安全で安定したサーフェイスが提供されます」と話しました。

イギリス・プロラグビー・フットボール・ユニオンの最高位であるアビバ・プレミアシップ・リーグでも戦うことになるライバルたちは、カーディフ・ブルーズとの試合を通じて、フィールドターフの人工芝システムが実現した品質の高さを熟知しています。

現在まで、フィールドターフのサーフェイス上で行われた、欧州チャンピオンシップ・レベルの試合は、2012年のレアル・マドリード対CSKAモスクワ、そしてFCバルセロナ対FCスパルタク・モスクワといったサッカーのUEFAチャンピオンズ・リーグの試合があります。

欧州チャレンジカップの決勝戦は、30対16でノーサンプトン・セインツが勝利しました。フィールドターフの人工芝が世界最高のプロスポーツ・サーフェイスとして、カーディフ・アームズ・パークで新たな歴史を刻んだ事は、ラグビーのような激しいスポーツの使用にも十分に耐える高品質と耐久性を証明した事になります。

カテゴリー:ニュース

June, 2014
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« March   August »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Archives