FieldTurf

2018/03/07/ NFLスカウティングコンバインがフィールドターフ敷設の
ルーカス・オイル・スタジアムで開催!

LOS

米国現地時間2月27日~3月5日にかけて、フィールドターフ敷設のルーカス・オイル・スタジアム(ルイジアナ州インディアナポリス)にて、『NFLスカウティングコンバイン』が開催されました。

同イベントは、毎年2月下旬、米国NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)のドラフト会議で指名を目指す国内の大学アメリカンフットボール選手を招待して行われる、全NFLチーム合同の運動能力・メンタルテストです。NFLの全32チームのコーチやスカウト陣が一堂に会し見守る中、ドラフト候補生たちは40ヤードダッシュ、ベンチプレス、垂直跳び、立ち幅跳び、3コーンドリル、シャトルランなど様々な項目に渡るテストを受けます。40ヤードダッシュやポジション別のドリルはフィールドターフの上で行われ、パフォーマンスが評価されます。その模様は全米に放送され、毎年NFLファンの注目を集めています。

今年も全米から選ばれた300名以上の大学アメリカンフットボール選手らが招待され、その驚異的な身体能力をアピールしました。フィールドターフを自校のアメリカンフットボール場に敷設しているNCAA(全米大学体育協会)所属大学からも例年多くの選手が招待されています。今年は、オハイオ州立大学、メリーランド大学、ネブラスカ大学、ノートルダム大学、オレゴン大学、ユタ大学、ワシントン大学、ウィスコンシン大学他のフィールドターフ敷設大学の選手らが各テスト項目で好成績を残し、存在感を示しました。

NFLスカウティングコンバインは、2008年にNFLインディアナポリス・コルツの本拠地としてルーカス・オイル・スタジアムが建設されて以来、同スタジアムでの開催が恒例となっています。同スタジアムは、インディアナポリス・コルツのホームゲームの他、NCAAのビッグ・テン・フットボール選手権等、年間を通して様々なイベントの舞台となっています。また、NFL選手会(NFLPA)による選手への聞き取り調査では「ベストな人工芝サーフェイス」第1位に選ばれています(2008-2010年調査より)。2012年には第46回スーパーボウルが開催されました。

アスリートに高い安全性と優れたプレー性能を提供するフィールドターフに寄せるNFLの信頼は厚く、現在、NFL全32チーム中21チームが本拠地あるいは練習施設のサーフェイスとしてフィールドターフを採用しています。

アトランタ・ファルコンズ(メルセデス・ベンツ・スタジアム)、デトロイト・ライオンズ(フォード・フィールド)、インディアナポリス・コルツ(ルーカス・オイル・スタジアム)、ニューイングランド・ペイトリオッツ(ジレット・スタジアム)、シアトル・シーホークス(センチュリーリンク・フィールド)、グリーンベイ・パッカーズ(練習施設)、ニューヨーク・ジャイアンツ(練習施設)、オークランド・レイダーズ(練習施設)、フィラデルフィア・イーグルス(練習施設)、タンパベイ・バッカニアーズ(練習施設)、ワシントン・レッドスキンズ(練習施設)…他

NFLアトランタ・ファルコンズ本拠地として2017年にオープンしたフィールドターフ敷設のメルセデス・ベンツ・スタジアムは、2019年2月に開催される第53回スーパーボウルの会場に決定しています。

NFLスカウティングコンバインの結果を踏まえ、4月下旬にNFLドラフト会議が開催されます。学生時代からフィールドターフでプレーしてきた候補生の中からも、新たなスター選手が生まれるかもしれません。NFLの2018年シーズンも各地のフィールドターフのフィールド上で、最終ステージまで熱い戦いが繰り広げられることでしょう。

カテゴリー:アメリカンフットボール | ニュース

2018/02/07/ 世界初の構造を持つ革新的ファイバー、フィールドターフ・コアが誕生

core_news

フィールドターフが誇る最新のファイバー「フィールドターフ・コア」が発表されました。フィールドターフ・コアは、異なるポリマーを用いた芯部と外層から成る、世界初の2層構造ファイバーです。

最高レベルのパフォーマンスが求められる、選ばれたフィールドのための「プレミア・システム」として開発されたフィールドターフ・コアは、より天然芝に近い外観と手触り、そして最適化された耐久性と復元力を備えています。

一般的な、1種類のポリマーのみで構成される人工芝ファイバーには、単層構造ゆえの限界があります。フィールドターフ・コアは2層構造ファイバーの実現により、その限界を打破しました。この2層構造ファイバーを備えたフィールドターフ・コアは、人工芝市場の常識を覆す、最高レベルのファイバー性能と復元性を発揮します。フィールドターフ・コアは、プロチームや、大学または高校スポーツにおける強豪チーム向けの製品として開発され、最高レベルのパフォーマンスを発揮します。
続きを読む »

カテゴリー:FIFA認定グラウンド | アメリカンフットボール | サッカー・フットサル | ニュース | ラグビー | 多目的・その他 | 野球

2017/11/07/ NFLアトランタ・ファルコンズとMLSアトランタ・ユナイテッドFCの
新たな本拠地メルセデス・ベンツ・スタジアムにフィールドターフ敷設

NFL1

2017年8月、米国ジョージア州アトランタに、新たなフィールドターフ敷設スタジアムが誕生しました。NFL(米国ナショナル・フットボール・リーグ)アトランタ・ファルコンズとMLS(米国メジャーリーグ・サッカー)アトランタ・ユナイテッドFCの新本拠地、メルセデス・ベンツ・スタジアムです。同スタジアムは観客7万1,000人を収容可能とする、近未来的な外観デザインと最先端設備を導入したドーム型スタジアムで、2019年のNFL第53回スーパーボウルの開催地となることが決定しています。

NFLアトランタ・ファルコンズの運営会社、AMBスポーツ&エンターテインメントのリッチ・マッケイ社長は、フィールドターフの採用にあたり次のようにコメントしました。「メルセデス・ベンツ・スタジアムの公式サーフェイスとしてフィールドターフを迎えることができたことを誇りに思います。フィールドターフと当社は14年以上にもわたるパートナーですが、実際に新施設の人工芝探しを始めてみると、私たちを納得させる選択肢はフィールドターフ以外にありませんでした。」

MLSアトランタ・ユナイテッドFCのダレン・イールズ社長は次のようにコメントしました。「私たちは選手に最高の人工芝サーフェイスを提供することに全力を注ぎます。フィールドターフは多くのサッカー施設へ高品質のサーフェイスを提供しており、MLSで最も優れた人工芝サーフェイスの一つとして知られるポートランド・ティンバーズの本拠地、プロビデンス・パークにもフィールドターフが敷設されています。チームの公式サーフェイス・プロバイダーとしてフィールドターフとパートナーを組むことができて大変嬉しく思います。」

また、両チームの練習施設にも、フィールドターフが敷設されました。ジョージア州フラワリー・ブランチにある 続きを読む »

カテゴリー:アメリカンフットボール | サッカー・フットサル | ニュース

2017/10/25/ NFLデトロイト・ライオンズ所属のゴールデン・テイト選手と
フィールドターフの性能や安全性を楽しく学ぶための動画を公開

NFLデトロイト・ライオンズ所属のゴールデン・テイト選手と

フィールドターフは米国NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)デトロイト・ライオンズのワイド・レシーバーとして活躍するゴールデン・テイト選手とパートナーを組み、オンラインコンテンツや動画を通じて、フィールドターフの高性能人工芝システムに隠された科学や安全性を一般の人にもわかりやすく紹介するキャンペーンを開始しました。

テイト選手はこれまでの全キャリアにわたり、フィールドターフをホームグラウンドとしてプレーしてきた数少ないNFL選手の一人です。

高校を卒業して以来、ゴールデン・テイト選手はノートルダム大学にてフィールドターフのフィールドで練習し、最初に入団したNFLシアトル・シーホークスでは試合と練習をフィールドターフのフィールドで行い、現在はNFLデトロイト・ライオンズで試合と練習をフィールドターフのフィールドで行っています。

(NFLデトロイト・ライオンズの本拠地「フォード・フィールド」は、2002年にフィールドターフを導入し、2013年の再敷設を経て、長きにわたりフィールドターフを使用しています。また、NFLシアトル・シーホークスの本拠地「センチュリーリンク・フィールド」は、「シーホークス・スタジアム」として開場した2002年からフィールドターフを採用し、その後2008年(前名称「クエスト・フィールド」時代)と2016年に再敷設され、現在に至ります。)

テイト選手はNFLにて106試合を戦い、通算レシーブ獲得ヤードは5,000ヤードにも上る実績の持ち主です。キャンペーン動画では、その功績からテイト選手が「人工芝学」の博士号を取得したという設定で博士に扮し、フィールドターフの安全性に関する複雑なデータを、ユーモアを交えながら、一般的な観点からわかりやすく分析しています。キャッチフレーズは「科学を信用しよう。思っているほど難解ではない。」(Trust the science, it’s not that complicated.)で、動画や統計データを用いて、見る人に双方向的なアプローチでフィールドターフの性能や安全性についての知識を深めてもらうことを目指しています。このキャンペーンはキャンペーン公式サイト(英語)およびソーシャルメディアで公開されています。
続きを読む »

カテゴリー:アメリカンフットボール | ニュース

June, 2018
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« April    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Archives