FieldTurf

2017/10/25 米国整形外科スポーツ医学会『スポーツ傷害防止アワード』受賞研究
高校アメフトの怪我抑制の鍵は人工芝サーフェイスの構成にあると示す

米国整形外科スポーツ医学会『スポーツ傷害防止アワード』受賞研究


人工芝があらゆる競技レベルのサーフェイスに使用される機会がますます増え、サーフェイスが選手の安全性に与える影響を理解するための新たな研究が求められています。米国整形外科スポーツ医学会(AOSSM)の2016年次総会で発表されたある研究が、人工芝サーフェイスの充填材重量が高校アメリカンフットボール選手の怪我発生件数に直接影響を及ぼすことを示しました。

この研究はアイダホ州立大学のマイケル・クリントン・メイヤーズ博士の主導により、高校アメリカンフットボールにおける怪我発生率と充填材の重量を直接比較した初めての研究です。この研究は青少年スポーツの怪我予防に関する先導的研究としてAOSSM第1回スポーツ傷害防止アワード(STOP SPORTS INJURIES AWARD)を受賞しました。この賞は、青少年のスポーツ活動における怪我やオーバーユース損傷(各部位の使い過ぎによる損傷)の予防に対する認知度を高め、変化をもたらすトップレベルの研究を表彰します。

「私たちの研究は、人工芝サーフェイスの充填材の重量が減少すると、高校アメリカンフットボールにおいて試合に関連した怪我の発生が大幅に増加するということを示しました。また、プレーのコンディションが変化しても、その傾向は一貫しているということも分かりました。」とメイヤーズ博士は指摘しています。

同研究では、5シーズン(2010~2014年)にわたり怪我の発生の評価を実施した、米国4州の高校 計52校が対象となりました。各校の充填材システムは珪砂とゴムチップ、またはそのいずれか一方の材料で構成されており、平方フィート当たりのポンド数に応じて4つのカテゴリーに分類されました。そして、充填材重量が平方フィート当たり9.0ポンド以上のシステムの場合は、明らかに怪我の発生数が少ないという結果が示されました。


研究結果の詳細はこちら

メイヤーズ博士は、この研究について次のようにコメントしました。
「今回の発見に基づき、高校の人工芝アメリカンフットボール場で選手の最適な安全性を確保するためには、フィールドに最低でも平方フィート当たり6.0ポンドの充填材重量を持たせることを私たちは推奨します。アメリカンフットボールをプレーする選手の多さ、そしてプレー中の怪我による弊害の数々をふまえ、この研究結果が怪我の発生率を低下させ、青少年がアメリカンフットボールを安全にプレーできる助けになることを願います。」

ただし、研究者らはこの結果は更なる研究を必要としており、また同研究で対象となった競技レベル(高校アメリカンフットボール)以外のケースに適用されるものではないとしています。

カテゴリー:アメリカンフットボール | ニュース

August, 2018
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« July    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Archives