FieldTurf

2017/10/25 充填材重量が大きい人工芝フィールドほど高校アメリカンフットボール競技において高い安全性を発揮することが証明される

充填材重量が大きい人工芝フィールドほど高校アメリカンフットボール競技において高い安全性を発揮することが証明される


最新の研究により、人工芝フィールドの充填材の重量が、高校のアメリカンフットボール競技において選手の怪我発生率を低下させるための重要な鍵を握っていることが証明されました。充填材重量9.0ポンド(平方フィート当たり)以上の人工芝システムが、それ以下の人工芝システムと比較して最も安全であることが示されました。この研究結果は、選手の安全性を高める高品質人工芝フィールドを設計する上でも、大きな新発見となりました。

「異なる充填材重量の人工芝システムにおける高校アメリカンフットボールの試合に関連した怪我の発生率、メカニズム、重症度」という題名のこの前向きコホート研究は、「人工芝サーフェイスの充填材重量が減少するにつれ、高校アメリカンフットボールの試合に関連した怪我の発生は、様々なプレーのコンディションにわたり、大幅に増加した」と結論づけています。

同研究は、ペンシルベニア州、モンタナ州、南カリフォルニア州、およびテキサス州の高校アメリカンフットボールの2010年から2014年のシーズン中の試合および優勝決定戦から収集されたデータに焦点を当てました。計52校が参加し、参加校すべてにはフルタイムの米国公認アスレティックトレーナーが配置されていました。

この充填材重量の研究は、米国整形外科スポーツ医学会(AOSSM)の2016年次総会で発表され、第1回スポーツ傷害防止アワード(STOP SPORTS INJURIES AWARD)を受賞しました。この研究は今後も継続されます。主導的研究者はアイダホ州立大学スポーツ科学・体育学科、アメリカスポーツ医学会会員のマイケル・C・メイヤーズ博士です。

この縦断的研究において、最も充填材重量が大きいフィールドは、それより充填材重量が小さい他のフィールドよりも、怪我のカテゴリーの大半において、より優位な成績が示されました。


研究で示された、フィールドターフ(充填材重量が平方フィート当たり9.0ポンド以上)とその他のサーフェイス(充填材重量が平方フィート当たり3.0~5.9ポンド)の違いの一例:

脳震とうおよび関連損傷の発生率:
フィールドターフ(充填材重量が平方フィート当たり9.0ポンド以上)のほうが8.3%低い

全ての怪我の発生率:
フィールドターフ(充填材重量が平方フィート当たり9.0ポンド以上)のほうが20.5%低い

重症の怪我(試合離脱期間22日以上)の発生率:
フィールドターフ(充填材重量が平方フィート当たり9.0ポンド以上)のほうが16.8%低い

選手と人工芝の接触に起因する怪我の発生率:
フィールドターフ(充填材重量が平方フィート当たり9.0ポンド以上)のほうが36.9%低い

悪天候時の怪我の発生率:
フィールドターフ(充填材重量が平方フィート当たり9.0ポンド以上)のほうが26.3%低い

人工芝経年数別の怪我の発生率(敷設後8年以上):
フィールドターフ(充填材重量が平方フィート当たり9.0ポンド以上)のほうが72.7%低い

人工芝経年数別の怪我の発生率(敷設後4~8年):
フィールドターフ(充填材重量が平方フィート当たり9.0ポンド以上)のほうが33.8%低い

最近の新世代人工芝サーフェイスは天然芝と同等もしくはそれを上回るプレー性能を備えています。人工芝サーフェイスの上でプレーをする時、プレーヤーがプレーを行うのはファイバーの上ではありません。人工芝サーフェイス上で実際に相互作用が発生している場所は、プレーヤーと珪砂/ゴムチップ充填材構造との間なのです。フィールドターフはプレー性能、安全性に大きく影響する充填材の役割を重視し、サーフェイスには大重量(平方フィート当たり9.0ポンド以上)の高品質な充填材を使用し、特許取得済みの独自の配合で充填しています。

カテゴリー:アメリカンフットボール | ニュース

May, 2018
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« April    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Archives