FieldTurf

2017/07/26 人工芝製品の選択をシンプルにする基準「ファイバー性能指数(FPI)」

170725FTnews


ここ20年のうちに、数多くの大学、高校、自治体が、天然芝サーフェイスからフィールドターフの人工芝への転換を選択してきました。今日、人工芝プロジェクトにおいて、新たな基準としてファイバー性能指数(FPI)の最低値(スコア)が要件として指定されるケースが増えています。

FPIは、フィールドの設計者、オーナー、および施設運営者のニーズを受け、2015年に国際的なスポーツサーフェイス認証組織であるラボスポーツ社(Labosport)によって策定されました。FPIスコアが高いほど、ファイバーが高い性能を備えていることを示します。

独立した評価指標であるFPIは、人工芝を選ぶ上で、シンプルで最も望ましい指標の一つとして、市場における認知度が高まっています。FPIをサーフェイスの要件仕様として定めている施設も多く、米国のユタ大学、レジャイナ大学、南ミシシッピ大学がその例です。

ラボスポーツ・インターナショナルのセールスマーケティンググループ長、シャヴィエル・ニコラウ氏は、このように述べています。
「2015年にこのFPIプログラムを立ち上げた時、私たちはこのプログラムが業界に正しく理解されるには一定の時間がかかるだろうということは承知していました。2017年現在、FPIプログラムに数多くの主要な人工芝メーカーが参加し、40製品以上が認証を受けていることを、私たちは誇りに思っています。このプログラムが、メーカーだけではなく、フィールドのオーナーの方々にも支持されていることを非常に嬉しく思います。FPIプログラムは今後改良が加えられ、近い将来にランドスケープ市場にも適用が拡張される予定です。」

FPIはどのように作用するのか?

ファイバーの品質を測定する、最初の基準として考案されたFPIは、人工芝ファイバーのスコア評価によって、フィールドへ導入する人工芝ファイバーの品質を検討し、人工芝製品への理解を深めたいと考えるあらゆる立場の人々 ―施設運営者、コーチ、プレーヤー、施設を利用する子供たちの保護者やチームのファンなど― の手助けをします。

FPIは、3つの重要な要素に焦点を当てます。それは、耐久性、復元性、そして柔軟性です。この3つの要素は、次の4項目の試験によって測定されます:

  1. ちぎれ: ファイバーの引っ張り強度の測定
  2. 回復力: ファイバーの圧縮試験6,000往復実施後の復元力の測定
  3. 紫外線: ファイバーの紫外線照射に対する耐性の測定
  4. 手触り: ファイバーの柔らかさの測定(消費財市場で実施されている最新の測定方法を導入)

上記の一連の試験を実施した後、各項目に対して1から100までのスコアが付与されます。その結果をもとに、最終的に、総合的なファイバー品質を示すファイバー性能指数(FPI値)が算出されます。このFPI値が高いほど、高評価を意味します。

FPIスコアの測定は、人工芝フィールドが高い性能のファイバーを備えているかどうかを確認するための最適な方法です。

ただし、人工芝ファイバーの選択は、人工芝フィールドを敷設する際に必要な数多くの重要な決定事項のうちの一つにすぎません。FPIの重要性とともに、人工芝システムの他構成要素―充填材、バッキング、排水性、施工プロセスも同じように重要です。

業界最高FPIスコア83の評価を獲得した『フィールドターフ・レボリューション360』

フィールドターフが誇る高品質モノフィラメントファイバーを備えたフィールドターフレボリューション360は、最適な耐久性、復元性、および柔軟性を備えています。

レボリューション360のファイバーは、前述のFPI(ファイバー性能指数)評価で業界最高の「スコア83」を獲得しており、未だこのスコアを超えるファイバーは市場に存在しません*1。

また、レボリューション360は、ペンシルベニア州立大学スポーツサーフェイス研究所が実施したファイバー耐摩耗試験における業界初の「パーフェクト10」を達成しました。これは、リスポート耐摩耗試験15万回往復後、抽出された10本のファイバーの状態評価が全て「良好」であり、「細かい裂け」「折れ」「完全な裂け」と評価されたファイバーは1本も無いという最高の評価であり、この「パーフェクト10」を達成したファイバーは、現在レボリューション360だけです*1。
(*1: 2017年7月現在)

このような客観的評価を通じてその高い品質が証明されているレボリューション360のモノフィラメントファイバーは、他の全てのフィールドターフ製ファイバーと同様に、フィールドターフの自社工場で製造されています。ファイバーを自社製造する世界トップレベルの垂直統合企業へと進化したフィールドターフによる徹底した品質管理プロセスを通じて、ヤーンは様々な特性にわたり厳しく検査されています。

レボリューション360は、信頼できるサーフェイスとして、NFLシアトル・シーホークス/ MLSシアトル・サウンダースFCの本拠地センチュリー・リンク・フィールド(ワシントン州シアトル)、NFLアトランタ・ファルコンズ/MLSアトランタ・ユナイテッドFCの本拠地メルセデス・ベンツ・スタジアム(ジョージア州アトランタ)、MLSポートランド・ティンバースの本拠地プロビデンス・パーク(オレゴン州ポートランド)といった、米国トップレベルの施設に採用されています。

カテゴリー:ニュース

April, 2018
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« March    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Archives