FieldTurf | ロングパイル人工芝のパイオニア フィールドターフ

※当サイトで施工実績として掲載中の情報は、現在までの全施工実績のうちの一部のみをご紹介しております。

2017/02/17 第51回NFLスーパーボウル出場のペイトリオッツとファルコンズ
共通点は最高の実力とフィールドターフとの長い歴史

170216FT


現地時間2月5日、テキサス州ヒューストンで開催された第51回NFLスーパーボウルで激しく勝利を競い合ったニューイングランド・ペイトリオッツとアトランタ・ファルコンズは、ともにフィールドターフとの長い歴史を持つチームです。

両チームとフィールドターフとの関係の始まりは、いずれも2000年台前半に遡ります。

アトランタ・ファルコンズは2000年に本拠地ジョージア・ドームにフィールドターフを敷設し、2011年の張り替えを経て現在まで長く使用しています。また、ファルコンズは今年から新たな本拠地となるメルセデス・ベンツ・スタジアムにも、フィールドターフ最新製品を採用しました。同スタジアムは今年の7月にオープン予定で、2019年の第53回スーパーボウル会場に決定しています。そしてジョージア州フラワリー・ブランチにある同チームのトレーニング施設にも、2005年にフィールドターフが敷設されました。こちらも2016年の張り替えで再びフィールドターフが採用され、現在に至ります。

ニューイングランド・ペイトリオッツとフィールドターフの出会いは、2006年に同チームの屋内練習施設にフィールドターフが導入された時に遡ります。その2年後、ペイトリオッツは本拠地ジレット・スタジアムのサーフェイスに、フィールドターフを採用しました。その後の数回の張り替え時も引き続きフィールドターフが選ばれ、現在も同スタジアムのサーフェイスはフィールドターフです。

選手たちが安全に、日々の練習で技術を磨き、試合で最大の能力を発揮することができるサーフェイスとして、フィールドターフが両チームとともに歩んできた歴史は、両チームの輝かしい活躍の歴史と重なります。その高い耐久性と品質で選手の足元をしっかりと支え、進化するチームのニーズに応え続けることで、フィールドターフはトップチームからの揺るぎ無い信頼を獲得してきました。

現在、NFLでは32チーム中21チームが本拠地あるいは練習施設のサーフェイスとしてフィールドターフを採用しています。

フィールドターフは、アメリカンフットボールの歴史の中で進化を続け、その安全性、プレー性能が高く評価されている、アメリカンフットボールに最も適性のある人工芝サーフェイスです。

カテゴリー:アメリカンフットボール | ニュース

March, 2024
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« January    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ