FieldTurf

2018/07/23 NFLによる脳損傷問題の解決を目指すプロジェクトでフィールドターフが
受賞! 新たなサーフェイス技術の開発案をNFLが支援

NFL安全性プロジェクト記事案-000


2018年7月12日(米国時間)、米国ナショナル・フットボールリーグ(NFL)と非営利活動法人フットボール・リサーチ社が、アメリカンフットボール競技における安全テクノロジー向上のためのプロジェクト「Head Health TECH Challenge IV」の受賞者3社を発表し、フィールドターフ社がその1社に選ばれました。

参考URL:
https://www.playsmartplaysafe.com/newsroom/statements/nfl-announces-winners-headhealthtech-challenge-iv/

NFLは2013年に、重要性の高まる選手の脳損傷・脳震とう問題の解決を目指し、米国ゼネラル・エレクトリック社と共同で「Head Health TECH Challenge(頭部損傷防止技術チャレンジ)」プロジェクトを立ち上げました。同プロジェクトはデューク大学の臨床・トランスレーショナル研究所(CTSI)と提携し、プレーヤーの頭部を衝撃から保護するための、先進的で革新的な保護装置のソリューションを公募し、将来有望な提案に対して、開発・試験のための資金援助を提供します。これまでにHead Health TECH Challenge I ~ III の応募と授賞が実施されており、現在、第6回目となる「Head Health TECH Challenge VI」の参加者を募っています。

今回、第4回目となる「Head Health TECH Challenge IV」の受賞者に選ばれたフィールドターフは、通常のプレーが行われる際には最適なプレー性能を提供しつつ、選手への衝撃を和らげることのできる全く新しいサーフェイスを実現するための技術開発資金を授与されました。

その他の受賞者は、独自素材のヘルメットの衝撃減衰システムを開発し、テスト資金を授与されたコルセア・イノベーション社(米国マサチューセッツ州、プリマス)と、市販ヘルメットの上から装着できる、軽量のエネルギー吸収フェイスガードのテスト資金を授与されたヨベル・テクノロジーズ社(米国ミシシッピ州、スタークビル)でした。

NFLの健康安全対策部長のジェフ・ミラー氏は、次のように述べています。
「本プロジェクトの各受賞者は、市場に革新をもたらす、将来有望な新技術の実現に向けて引き続き取り組んでいきます。私たちはこれらの企業による新しいデザイン・技術の継続的な開発を支援することに大きな喜びと期待を感じています。そして私たちは、すべてのイノベーターたちに、次回のHead Health TECH Challengeシリーズへの参加を勧めます。」

デューク大学CTSIのイノベーション部門ディレクターであるバリー・マイヤーズ医学博士は次のように述べました。(マイヤーズ氏は、コルター研究プログラムのディレクター、およびデューク大学の医用生体工学部教授でもあり、NFL選手協会(NFLPA)のコンサルタントも務めています。)
「我々デューク大学CTSIのチームは、才能ある受賞者たちと密接に連携し研究を進めていく機会を得られたことに感謝します。私たちは、心躍るような、革新的で先駆的な提案を引き続き受け付けています。次の波となる新たな設計デザインとの出会いを楽しみにしています。」

フィールドターフは、一貫して選手の安全性を第一に考え、製品の安全性の向上に真摯に取り組み、怪我の発生の低減に関する数多くのイノベーションや改善を達成してきました。最高レベルの安全性を備えたフィールドターフの人工芝製品は、NFLのプレーヤーはもちろん、チームオーナー、スタジアム管理者、コーチなどから大きな信頼を寄せられており、現在NFL全32チームのうち、20チーム以上がフィールドターフをホームグラウンド、または練習場のサーフェイスに採用しています。

今回の受賞は、安全性へのフォーカスをさらに高め、新たな革新へと進み続けるフィールドターフの新技術開発の大きな後押しとなるでしょう。

カテゴリー:アメリカンフットボール | ニュース

December, 2018
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« August    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Archives