FieldTurf

2019/06/13 MLB史上初となるヨーロッパでの公式戦、ロンドンで6月開催へ!
ヤンキース VS レッドソックス 伝統の一戦の舞台はフィールドターフ!

usflag


米国メジャーリーグベースボール(MLB)のアメリカンリーグに所属するニューヨーク・ヤンキースとボストン・レッドソックスは、ともにリーグ創設時から存在するMLB屈指の名門球団です。これまでに両チームが対戦した試合数は2,200を超え、長い歴史の中で繰り広げられてきたその伝統的なライバル対決は、多くの人々の記憶に刻まれてきました。そして今年6月に迎える「伝統の一戦」には、両チームにとって全く初めての、新たな対戦の舞台が用意されています。両チームは、6月29日、30日に史上初めてヨーロッパで開催されるMLBレギュラーシーズンの公式戦で対戦します。そしてその舞台となるのは、イギリスのロンドン・スタジアムにこの試合のために臨時に敷設される、フィールドターフのサーフェイスです。

試合会場となるロンドン・スタジアムは、2012年ロンドン五輪のメイン競技場、また2017年世界陸上競技選手権大会でも使用されたスタジアムです。現在はサッカー・プレミアリーグに所属するウェストハム・ユナイテッドFCの本拠地として使用されています。同スタジアムにはハイブリッド芝(ターケットスポーツ社のグラスマスター)サーフェイスが導入されていますが、MLBヤンキース対レッドソックス戦を開催するにあたり、既存のハイブリッド芝サーフェイスの上にフィールドターフを敷設した、野球専用の特設人工芝フィールドの整備が進められる予定です。

試合後、人工芝は撤去される予定ですが、2020年に再びロンドンでMLB公式戦が開催されることが決定しており、その際に今回使用されたフィールドターフの人工芝が再敷設される予定です。


フィールドターフは、MLBからNCAA(全米大学体育協会)や高校野球まで、米国野球界で多くの敷設実績があります。多くのチームの選手やスタッフが、ホームグラウンドや練習場にフィールドターフを敷設することのアドバンテージを実感し、フィールドターフの確かな性能と品質に厚い信頼を寄せています。

メジャーリーグベースボール ― トレーニング施設
  • トロント・ブルージェイズ
  • デトロイト・タイガース
  • ニューヨーク・メッツ

マイナーリーグベースボール ― スタジアム
  • ブルックリン・サイクロンズ
  • チリコシー・ペインツ
  • ジョリエット・スラマーズ

全米大学体育協会(NCAA)野球チーム – スタジアム
  • オレゴン州立大学 – 前回全米大学選手権優勝
  • ワシントン大学 – カレッジ・ワールドシリーズ2018出場
  • テキサス工科大学 – カレッジ・ワールドシリーズ2018出場
  • テキサス大学 – カレッジ・ワールドシリーズ2018出場
  • テネシー大学
  • その他、多数のNCAAディビジョンI、II、III所属大学のスタジアムに導入

カテゴリー:ニュース | 野球

July, 2019
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« June    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031